千修岩井共同印刷 TOP >会社情報 >工場長インタビュー
会社概要・会社沿革
董事長ご挨拶
工場長インタビュー
品質方針 経営理念 行動指針
MAP
 
-----『マニュアル専門の印刷工場である理由は。』

工場長 「商業印刷物とは違った工程管理が必要な為です。主に工業製品に使用されるマニュアルの場合『部品』として扱われる為、印刷工場と違い部品工場としての要求を満たすことが必要になります。

-----「部品工場としての要求される事とは?」

工場長 「品質保証体制です。保証ではなく管理をされている工場は沢山ありますが、管理だけでは品質上の目標を定めて、それに達するための取り組みを考え、作業(結果)を計測し、目標に近づけるためのマネージメントとなってしまっているので、品質を保証できる(あるいは保証しようとする)体制が要求されます。」

-----「どのような品質保証体制の取り組みがされているのか?」

工場長 「まずは”見える化”の実施。この言葉からは「現場」や「アナログ」という言葉が連想してしまうが「見える」だけでは”見える化”とはいわない。実際の物理的な感触が、問題の解決にむけた身体的な行動を生み出してはじめて”見える化”と言える。一例として仕掛り品の標識を色分けすことで現場の状態が一目瞭然になる。このように見える環境作り出す事により品質保証を可能にしています。」

-----「環境保護に関してはどのような対応を?」

工場長 「ISO14000はもちろんの事、当社では独自の化学物質管理システム(CMS)を採用しております。このシステムは、環境負荷物質(EHS)の管理により重きをおいた内容になっており、 2006年8月の発行以来、適宜、内容の見直しを行ってきました。特に化学物質に関しては、EU(欧州連合)加盟国において「電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限指令」(RoHS指令(2002/95/EC))が実施され、日本においては「資源有効利用促進法改正政省令」が施行されました。」

-----「今後の課題については?」

工場長 「現場改善は永遠のテーマです。色々な生産現場で耳にするのは言葉が「1度改善したことが何ヶ月か経つと元に戻っている」もちろん自分も経験した事があるが現場改善の前提条件は現場の環境作りが重要だと思う。例えば整理・整頓も言葉を掛け合うだけでなくだけではなく、どのように/どこに/幾つといった具体的に環境を作り上げて行く中で改善が継続できるしくみ(メカニズム)を見つけ出すことも重要な改善の1つである。 」

「このように1つの改善事項を色々な視点からものごとをとらえることにより日々課題が永遠のテーマのひとつになっていくのではないかと思います。」

 
 
 
 
ヘセオシコス」コ マイエ・鯊ヨウヌ アヲイゥモ鯊ヨウヌ モッキ盪恝ハモ鯊ヨウヌ アヲイゥモ鯊ヨウヌ テ鰌鯊ヨウヌ コタイゥモ鯊ヨウヌ ソュヒケモ鯊ヨウヌ エミモ鯊ヨウヌ キニイハモ鯊ヨウヌ/a> チ嵂ゥモ鯊ヨウヌ イゥモョモ鯊ヨウヌ ミツハアエ昞鯊ヨウヌ ホャカ狢鋙ヌモ鯊ヨウヌ キィタュタ﨧鯊ヨウヌ スゥハソモ鯊ヨウヌ Пミテナモ鯊ヨウヌ カォキスマトヘメトモ鯊ヨウヌ ス゙モ鯊ヨウヌ サェヌネネヒモ鯊ヨウヌ ホーイゥモ鯊ヨウヌ